おんどとり RTR500B series
  • RTR500BM

Bluetooth対応、ワイヤレスデータロガー

おんどとり

RTR500BM

  • モバイル通信(4G)対応の収集機
  • クラウドでデータ収集

RTR500BMで利用可能なSIMカードについて

RTR500BMのシステム構成

RTR500BMの構成図 RTR500BMの構成図

特定小電力無線を使いロガー(子機)に保存されたデータを自動収集します。モバイル通信(4G)を使ってクラウドとつながり、ネットワークのインフラが整っていない環境であってもデータの自動送信、警報監視機能を使う事ができます。 機器の設定は専用のモバイルアプリ「T&D 500B Utility」から行えます。

RTR500BMの仕様

用途データ収集
通信 4Gデータ通信、USB通信(設定時のみ)、光通信、特定小電力無線通信、Bluetooth4.2
警報の確認方法外部接点出力、Eメール、ソフトウェア
電源ACアダプタ、単3アルカリx4、外部電源
本体動作環境温度-10~60℃
湿度90%RH以下(結露しないこと)
大きさH:96mm × W:66mm × D:38.6mm(アンテナ含まず)
防水性なし
付属品単3アルカリ電池 (LR6) x 4, LTEアンテナ (CSR-0011), USB Mini-B 通信ケーブル (US-15C), ACアダプタ (AD-05A3), 登録コードラベル, 取扱説明書 (保証書付) 一式
販売価格 47,000円(税込 51,700円)

RTR500BMの関連ソフトウェア

関連オプション

RTR500Bシリーズ概要

多様な測定項目、多彩なデータ転送方法、高い耐環境性を兼ね備えたこのシリーズは、用途も環境も選ばない。

温度・湿度をはじめ多様な項目に対応したデータロガーと、その測定したデータを無線で収集する事ができる収集機で構成するシリーズです。障害物に強く広範囲に届く特定小電力無線通信を使う事で、様々な環境におけるデータの自動収集・警報監視を実現します。