電波状況確認ツール(RTR-500)

対象機種・動作環境をご確認ください。ソフトウェアによっては制限や注意事項などがあります。
ご利用の前によくお読みください。

ソフト紹介 電波状況確認ツールは、RTR-500シリーズの親機/子機/中継機間の電波強度を自動的に計測し、その結果をCSV形式で保存できるアプリケーションです。
また、周囲の電波使用状況もモニタリングできます。
親機/子機/中継機の設置場所を決める際にご利用ください。
対象機種 RTR-500MBS-A , RTR-500NW/AW , RTR-500C , RTR-601シリーズ
バージョン 1.02 (2017年1月17日)
ファイル名 app_signalstrength_102-all-all.exe
ファイル容量 55.1 MB
動作環境 対応OS: *1
Microsoft Windows 10 32/64bit 日本語版
Microsoft Windows 8 32/64bit 日本語版
Microsoft Windows 7 32/64bit 日本語版
Microsoft Windows Vista 32bit (以降) 日本語版
その他:
特記事項なし
著作権者 株式会社ティアンドデイ
転載条件 他のメディアへの一切の転載を禁じます。
*1: インストール時、Administrator (パソコンの管理者) の権限が必要になります。
Ver. 1.02 (2017年01月17日)
  • RTR-500MBS-Aに対応しました。
  • IPアドレスを指定して機器と通信できるようにしました。
  • 電波強度チェック時に"USBオープンエラー"で機器が通信できなくなる不具合を修正しました。
  • その他細かい不具合を修正しました。
Ver. 1.01 (2016年09月01日)
  • 親機とLAN接続した際、3分以上間隔が空くと親機が接続を切断し、親機との通信ができない不具合を修正しました。
Ver. 1.00 (2016年08月05日)
  • 初期リリース