おんどとり RTR-600 series
  • RTR602S

食品中心温度データロガー

おんどとり

RTR-602S

  • 収集機でデータ自動収集
  • 中心温度1ch
  • 一体型ショートセンサタイプ

RTR-602Sのシステム構成

RTR-602Sの構成図 RTR-602Sの構成図

RTR-602Sで記録したデータは、専用のデータ収集機(RTR500BW)が定期的に特定小電力無線通信で自動収集、さらに自動でクラウドや指定のサーバーに送信します。 RTR500Bシリー ズの各種データロガーと組み合わせることも可能で、中心温度に加えて冷蔵庫や倉庫の温度管理など、食品工場全体の一元的な温度管理も可能です。

RTR-602Sの仕様

測定対象温度 1ch、Pt1000
測定範囲-60~250℃
主な精度±0.5℃
表示測定値、電池残量、その他
記録データ1800
記録間隔プッシュ記録
記録モードエンドレス
通信特定小電力無線通信
警報の確認方法本体LED
電源非接触充電電池
本体動作環境温度-10 ~ 60 ℃
大きさH:181.3 mm × W:53.5mm × D:53.5mm
防水性IP68
電池寿命約24時間
バックライトON、連続使用時
付属品取扱説明書(保証書付)一式
販売価格 38,000円(税込 41,800円)

RTR-602Sの関連ソフトウェア

RTR-600シリーズ概要

食品の中心温度を計測。記録したデータは無線で自動収集。

簡便性、防水性、耐油性に優れた無線式の食品中心温度データロガーです。"REC"ボタンを押すだけで、品目、作業者、測定時刻、測定値の上下限判定結果を記録。 本体は非接触充電方式によって完全な密閉構造を実現し、内部への水や油の浸入をシャットアウト。過酷な調理現場にも耐え得るタフボディです。信頼性の高い温度管理で食の安全を守ります。 専用充電器(RTR-600BD)・データ収集機(RTR500BW)と併せてご利用ください。