スマホアプリ T&D 500B Utility

T&D 500B Utilityとは

T&D 500B Utilityは、スマートフォンで利用できるRTR500BW用設定アプリです。
近距離ではBluetooth®、遠隔ではおんどとりWeb Storageを介して機器の設定が可能です。

 参考
  • 本アプリで設定完了後はクラウド上でデータの閲覧、警報監視ができるようになります。
  • クラウドサービスの利用方法については、本ヘルプ内[おんどとり Web Storageの使い方]を参照してください。
  • ここではT&D 500B Utilityの使い方について説明しています。RTR500BWのWindows用ソフトウェアの使い方、LEDや電源など本体の仕様は、本ヘルプ内[RTR500BW for Windows]または[親機RTR500BW/500BC]を参照してください。
  • T&D 500B Utilityを「スマホアプリ」、「アプリ」と表記している場合があります。

対応機種

親機 RTR500BW
子機 RTR500Bシリーズデータロガー: RTR501B/502B/503B/505B/507B(Lタイプ含む)
RTR-500シリーズデータロガー(*): RTR-574/576(Sタイプ含む), 生産終了機種: RTR-501/502/503/507S/505-Pt/505-TC/505-mA/505-V/505-P(Lタイプ含む)
中継機 RTR500BC, RTR500C
* RTR-500シリーズのデータロガーはBluetoothで設定できません。RTR-574/576はWindowsソフトウェア[RTR500BW for Windows]から設定してください。その他の機種は親機と光通信することによって設定できます。

準備

T&D 500B Utilityのインストール

App StoreでTandD 500B Utilityと検索してください。
またはT&D Webサイトよりインストールしてください。対応端末、OSバージョンもご確認いただけます。

T&D Webサイト > ソフトウェア > T&D 500B Utility ダウンロード

おんどとり Web Storageのアカウント取得

おんどとりWeb Storageにログインして、シリアル番号と登録コードで機器を追加します。
アカウントをお持ちでない方は新規ユーザー登録をしてください。

LAN接続に必要なもの

LANケーブル(有線LANで利用時)
無線LANアクセスポイント(無線LANで利用時)
HUB、ルーターなど(必要に応じて)

子機(中継機)の準備

電池やセンサをセットして準備します。 子機(中継機)の取り扱いについては本ヘルプ内の[親機RTR500BW/RTR500BC]または[子機RTR501B/502B/503B/505B/507B]を参照してください。

初期設定ウィザード

初めて機器を設定する際には、画面指示に従って必要な情報を入力するだけで設定が完了するように初期設定ウィザードが起動します。
スマホのBluetooth通信機能を有効にして操作してください。

  1. 親機に電源を接続して、スマホアプリT&D 500B Utilityを起動します。

  2. アプリに登録する親機をタップすると初期設定ウィザードが起動します。

  3. パスワードを入力して設定を開始します。初期パスワードは"password"です。

  4. 画面の指示に従って入力を進めます。
    設定をスキップしても後で個別に設定したり、初期設定ウィザードを再実行することもできます。(参照: [設定メニュー]-[システム])

 参考

各項目の詳細は[設定メニュー]を参照してください。 初期設定ウィザードが完了すると、親機は以下の動作を開始します。

  • 現在値送信設定 ON/送信間隔10分
  • 記録データ送信設定 ON/毎日午前06:00に送信

トップ画面

[初期設定ウィザード]を完了後に表示される画面です。
タブで通信方法を切り替えて設定画面を開きます。

トップ画面のタブ
近くの機器

通信圏内にある機器をアプリが検索し、アプリで接続したことがある機器と、近くの機器に分けてリスト表示します。

  • [接続したことがある機器]のリストから機器をタップすると、Bluetooth通信を介して設定するメニューを開きます。(参照: [設定メニュー])
  • [近くの機器]のリストから機器をタップすると、初期設定ウィザードを起動してアプリに追加できます。(参照: [初期設定ウィザード])

Web Storage

遠隔にある親機に対し、おんどとり Web Storageを介して設定するメニューを開きます。(参照: [設定メニュー])
またおんどとり Web Storageのアカウント管理ができます。(参照:[おんどとり Web Storageのアカウント管理])

ツール

設定値の参照、または機器の初期化メニューを開きます。(参照: [ツール])

トップ画面のアイコン

[近くの機器]タブ
[Web Storage]タブ
[ツール]タブ
Bluetooth電波強度

近くにある親機とスマホ間の電波強度を示しています。

メニュー

製品に関するサポートに関するメニューを開きます。 新着情報があると、このアイコンに赤丸(バッジ)が付きます。
(参照: [アプリのバージョン情報とサポート])

削除(近くの機器)

アプリの登録から親機を削除します。
(参照: [機器の登録削除])

編集(Web Storage)

おんどとり Web Storageの登録から親機を削除・追加します。
(参照: [おんどとり Web Storageのアカウント管理])

ログインIDとアカウント管理

(参照: [おんどとり Web Storageのアカウント管理])

メッセージ

[Web Storage]タブのトップ画面で通信状況のメッセージを表示する場合があります。

通信に失敗しています

おんどとり Web Storageと通信エラーが継続しているときに表示します。

最初の通信待ち

おんどとり Web Storageのアカウントに登録済みでも、データ送信を実行していない親機に表示します。タップしても設定メニューへ進めません。

設定メニュー

トップ画面のタブで[近くの機器]か[Web Storage]で通信方法を切り替えてから、親機をタップして設定メニューを開きます。

[近くの機器]タブからの設定メニュー
[Web Storage]タブからの設定メニュー

設定メニューを開くと、アプリがBluetoothで親機と通信したとき、あるいはおんどとりWeb Storageと通信したときの親機の状態をメッセージ表示します。
エラーメッセージが表示しているときは、メッセージを参考に設定などを見直してください。
[未反映の設定があります]
RTR500BWは10分間隔でおんどとりWeb Storageの設定予約を確認するため、[Web Storage]タブから設定すると、設定予約状態になっている場合があります。[>>設定予約をみる]をタップすると、設定予約の確認、キャンセルが可能です。

 参考
  • リロードアイコン()をタップして画面を再読み込みできます。
  • ヘッダーに通信方式を示すアイコン(/)と、選択した親機の名称を表示します。
通信方式によって設定できることは以下のとおりです。メニュー詳細を確認したい項目を選択してください。
通信方式 Bluetooth通信 おんどとり Web Storage
使用方法 近くで直接通信(任意のタイミングで手動通信) インターネットを介して通信(定間隔自動通信*1)
できること 親機基本設定 親機名称
通信パスワード設定
時刻設定
子機・中継機設定 登録 *2
設定変更(周波数チャンネルを除く) *2
無線ルート/電波強度チェック *2
記録開始予約 *2
ネットワーク設定
現在値送信設定
警報設定
記録データ送信設定
システム 動作ログ確認
初期設定ウィザードを開く
ツール 機器の初期化
親機の設定値参照
おんどとり Web Storageのアカウント管理
*1 RTR500BWは10分間隔でおんどとりWeb Storageの設定予約を確認します。通信間隔はRTR500BW for Windowsにて変更可能です。
*2 遠隔地にあるRTR500BWに手元の子機、中継機をBluetooth通信で登録する機能です。

親機基本設定

名称

<機種_シリアル番号>で表示します。
複数の親機を使用する場合に判別しやすい名前に編集できます。
親機名は以下に反映します。

  • おんどとり Web Storageから送信される警報メール
  • おんどとり Web Storageのデータ閲覧画面(現在値データのファイル名とファイル内)
  • 記録データのファイル名とファイル内
説明

親機に関する説明を入力できます。(任意入力)
設置場所や管理者などを入力することで、複数の親機を管理する場合に識別しやすくなります。

親機パスワード

Bluetoothまたはネットワーク経由でこの親機に接続するときに使用するパスワードを入力します。

  • 半角英数字、6文字以上64文字以下で入力してください。
    パスワードを忘れたときは、親機をパソコンにUSB接続して再設定してください。
時刻設定

利用する地域を指定してください。

子機・中継機設定

子機・中継機設定を開いたら、4つのタブから表示を切り替えて操作します。

 参考
  • 子機(中継機)がBluetooth検索できないときは、本ヘルプ内[RTR500Bシリーズよくある質問]-[T&D 500B Utilityに関するFAQ]-[近くにある子機がアプリの検索リストに表示しません]を参照してください。
機器リスト

親機に登録されている子機(中継機)をグループごとにリスト表示します。 対象機器をタップすると個別の設定画面を開きます。

  • グループ名の横にあるペンアイコンをタップすると、グループ名を編集できます。
  • 機器の電池残量をアイコンで確認できます。ただし、[無線ルート設定]で自動ルートをOFFに設定していると電池アイコンは表示されません。電波強度チェックを実行して電池残量を確認してください。
    十分な電池残量
    電池残量半分以下
    電池残量がわずか
    交換が必要

機器登録

新しい子機・中継機を親機に登録します。
アプリがBluetooth通信で近くにある子機と中継機を検索してリスト表示します。対象機器をタップすると個別の設定画面を開きます。

  • RTR505Bで[入力ケーブル選択]画面が表示されたら、該当する用途を選択すると設定画面を開きます。(入力モジュール接続時は表示しません)

無線ルート

親機、子機、中継機間の電波強度の確認、中継機を使用する場合の無線通信ルートの設定を行います。(参照: [無線ルート設定])

記録開始

子機を選択し、記録間隔と記録開始日時を指定して記録開始できます。

  • 開始日時までの時間が短すぎるとエラーになる場合があります。
  • 設定した記録開始日時になるまで子機の[REC]アイコンは点滅し、記録待機状態になります。

子機の設定項目

 参考

親機1台に最大50台まで登録できます。

 注意
  • 記録開始のタイミングで子機内部の記録データは消去されます。記録データが必要な場合は先に記録データを吸い上げてから設定してください。記録データの吸い上げはWindowsソフトウェアで行ってください。(参照: 本アプリ内[RTR500BW for Windows]-[その他のデータ収集方法]
グループ名

既存のグループに登録する場合はグループを指定します。

子機名

<機種_シリアル番号>で表示します。
複数の子機を使用する場合に判別しやすい名前に編集できます。
子機名は以下に反映します。

  • おんどとり Web Storageから送信される警報メール
  • おんどとり Web Storageのデータ閲覧画面(現在値データのファイル名とファイル内)
  • 記録データのファイル名とファイル内
周波数チャンネル
親機-子機(中継機)間の無線通信に使用する周波数チャンネルを指定します。 一度に通信を行う機器のまとまり(無線グループ)として、親機1台に周波数チャンネルを4つまで指定できます。
  • 周波数チャンネルは0~11まであります。(参照: 本ヘルプ内[RTR500Bシリーズよくある質問] -[RTR500BW 設定に関するFAQ]-[Q. 複数の親機を同一エリアで運用するには周波数チャンネルをどのように割り当てればよいでしょうか?])
  • 親機を複数台設置する場合は、親機同士の無線通信が干渉するのを防ぐため、チャンネルを離して設定してください。
  • 登録後に周波数チャンネルを変更するには、子機(中継機)を親機の登録リストから削除し、再登録する必要があります。
記録間隔
15通りの中から指定します。
変更した場合子機内の記録データを消去します。
記録間隔と記録可能時間 例
RTR501B/502B/
505B
RTR503B/507B,
RTR-574/576
記録間隔 1秒 約4時間
26分
約2時間
13分
30秒 約5日
13時間
約2日
18時間
15分 約166日
16時間
約83日
8時間
60分 約1年
10ヶ月
約11ヶ月
設定と同時に記録開始

設定変更の際にONにすると、設定と同時に子機の記録を再スタートします。
記録に関係しない項目(グループ名、子機名、記録データ吸い上げ設定、Bluetooth)を変更する場合は、OFFにした状態で設定することで、記録データを消失させることなく変更できます。

警報監視

警報監視を行う場合はONにします。チャンネルごとの上下限値と警報判定時間を設定します。(上限値/下限値として入力した値は警報状態に含まれません)
OFFにすると警報監視の対象から外れます。

  • 警報監視対象:
    イベントの場合 立ち上がりまたは立ち下がりの信号レベルが継続した時間の長さで判定します。(分解能1秒)
    パルスの場合 記録間隔の時間あたりに計測されるパルスの上下限値を指定します。
記録データ吸い上げ設定

親機が記録データの自動吸い上げを行う対象子機にするか指定します。

  • OFFにした子機の記録データは自動吸い上げ/送信を行いません。
Bluetooth

Bluetooth通信の有効/無効を切り替えます。
ペアリングを行うための子機パスコードを4~8桁の数字で設定してください。

  • 全子機が同じパスコードでも問題ありません。
[設定]ボタン

タップすると、設定を親機に送信します。

RTR505Bの設定項目

 参考
  • 設定後は子機の液晶画面も正しく表示できているか確認してください。(参照: 本ヘルプ内[子機RTR501B/502B/503B/505B/507B]-[RTR505B入力モジュールごとの表示例])
  • 別タイプの入力モジュールに交換して測定するには、親機から登録を削除し、初期化したうえで登録しなおしてください。

( )内は入力モジュール型番です。

センサタイプ (TCM-3010, PTM-3010)

接続しているセンサタイプを指定します。
TCM-3010: K, J, T, S
PTM-3010: Pt100, Pt1000

  • 異なるセンサタイプに交換したら、正しい測定のためにその都度この設定を行ってください。
記録方式 (VIM-3010, AIM-3010)

測定した値を記録する時の方法を指定します。
瞬時値: 測定した瞬間の値を記録します。
平均値: 記録間隔20秒未満の場合は1秒毎の測定値、記録間隔20秒以上の場合は2秒毎の測定値の平均値を記録します。

スケール変換式 (VIM-3010, AIM-3010, PIC-3150)

スケール変換を使用する場合に設定します。子機の画面表示に反映するものではありません。
y=ax+bで指定: 変換に使用する一次式がすでに分かっている場合
2点で指定: センサからの入力値に対して、変換後の数値がどのような値をとるのか分かっている場合(センサのマニュアルなどを参照してください)

  • 変換後の値に使用する単位は、任意の文字列を直接入力することができます。
プレヒート/プレヒート時間 (VIM-3010)

センサへの電源供給を制御する場合はONにします。記録間隔に合わせて通電し、計測が終わると通電をやめます。

  • 記録時以外にセンサが計測を行わないため、子機の画面表示は記録間隔ごとの更新になります。
  • 使用するセンサによってプレヒート時間の長さは異なります。センサの仕様をご確認のうえ設定をしてください。
  • 記録間隔と同じか、それより長い時間を設定すると、常時通電している状態になります。
測定レンジ (VIM-3010)

測定範囲を指定します。子機の画面表示は測定レンジに合わせて変わります。
V: Vレンジに固定(表示範囲0.000~22.00V/小数点位置自動)
mV: mVレンジからVレンジに自動切り替え(表示範囲0.0~999.9mV/小数点位置固定)

パルスの種類 (PIC-3150)

記録するパルスの種類を指定します。
立ち上がり: パルスの立ち上がりを記録
立ち下がり: パルスの立ち下がりを記録

チャタリングフィルタ (PIC-3150)

スイッチなどの極性の変化時に起こるチャタリングを除去する場合はONにします。
設定変更すると子機内の記録データを消去します。

警報監視対象 (PIC-3150)

警報監視の対象をパルスにするか、イベント(パルスの立ち上がり/立ち下がりとその継続時間)にするか指定します。
それぞれの監視分解能は以下の通りです。
パルス: 記録間隔の1/60(最短1秒)
イベント: 1秒

騒音振動 (L5, L10)

サンプリング間隔、演算方法、演算間隔を指定します。

中継機の設定項目

親機-子機間に中継機を置くことで、無線通信距離を延長することができます。

 参考
  • 機器間の無線通信距離は、障害物のない見通しの良い直線距離で約150mです。
  • 中継機を登録/削除した後は電波強度テストを行ってください。(参照: [無線ルート設定])
グループ名

中継したい子機が登録されているグループを指定します。

名称

<機種_シリアル番号>で表示します。 複数の中継機を使用する場合に判別しやすい名前に編集できます。

液晶表示

必要に応じて中継機の識別するための英数字3文字を入力します。

  • 中継機の液晶画面に表示します。
周波数チャンネル
無線中継したい子機と同一の周波数チャンネルを指定します。
一度に通信を行う機器のまとまり(無線グループ)として親機1台に周波数チャンネルを4つまで指定できます。中継機は1つの無線グループにつき10台まで登録できます。
  • 周波数チャンネルは0~11まであります。(参照: 本ヘルプ内[RTR500Bシリーズよくある質問]-[RTR500BW 設定に関するFAQ]-[Q. 複数の親機を同一エリアで運用するには周波数チャンネルをどのように割り当てればよいでしょうか?])
  • 親機を複数台設置する場合は、親機同士の無線通信が干渉するのを防ぐため、チャンネルを離して設定してください。
  • 登録後に周波数チャンネルを変更するには、子機(中継機)を登録リストから削除し、再登録時に設定しなおす必要があります。
Bluetooth

Bluetooth通信の有効/無効を切り替えます。
ペアリングを⾏うための中継機パスコードを4〜8桁の数字で設定してください。
全機種が同じパスコードでも問題ありません。

ネットワーク設定

有線LANまたは無線LANの設定およびネットワーク接続状態の確認します。 Web Storage経由での変更はできません。

有線LAN設定

設定方法

自動(DHCP)になっています。通常は設定変更の必要はありません。

  • IPアドレスを固定して利用する場合は、手動に切り替えてからIPアドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイ、DNSサーバアドレスを設定します。

無線LAN設定

アクセスポイントを検索して設定

親機が周辺のアクセスポイントを検索してリスト表示します。 接続したいアクセスポイントを選択し、パスワードを入力してください。

手動で設定

アクセスポイントの情報(ネットワーク名、セキュリティ、パスワード)を直接入力して接続設定します。
機器のIPアドレス等のネットワーク設定を固定で入力する必要がある場合も、この画面から設定します。
設定可能文字数
SSID(ネットワーク名): 32文字まで
セキュリティ(パスワード)
WEP: 13文字
WPA/WPA2 PSK: パスワード 8~63文字 / 16進数入力 64桁

履歴から設定

アプリが記憶しているアクセスポイントの情報リストから選択して接続します。 複数の機器を同じアクセスポイントに接続する場合、2台目以降はこの設定で追加できます。

送信先

おんどとり Web Storage

国内向けクラウドサービスです。

T&D WebStorage Service

海外向けのクラウドサービスにデータを送信する場合に指定します。

接続テスト

[接続テストをする]をタップして親機のネットワーク状態を確認します。
接続テストに失敗する場合、表示される説明を参考に設定を見直してください。

エラー表示例

現在値送信設定

指定した間隔ごとに子機と無線通信を行い現在値(最新の測定値)を取得し、おんどとり Web Storageでモニタリングできます。

現在値送信

現在値送信をする場合はONにします。

現在値送信間隔

送信間隔を11通りの中から指定します。

[設定]ボタン

親機に設定を送信します。

[送信テスト]

おんどとり Web Storageに接続できるかテストします。

警報設定

警報監視をする場合に設定します。

警報監視

警報監視をする場合はONにします。

  • 子機設定で警報監視をOFF設定にしている子機は監視対象外になります。
  • おんどとり Web Storageの画面上にアラート表示します。
警報監視間隔

送信間隔を11通りの中から指定します。

警報監視する子機

警報監視する対象子機を選択します。

  • 警報設定をOFF設定にしている子機も、ここで切り替えができます。
接点出力設定

接点出力によって監視する警報条件を設定できます。

  • 上下限警報 / センサエラー
  • 無線通信エラー
  • 電池エラー [外部接点出力テスト]で外部機器(サイレンやブザー、電磁接触器)の動作確認ができます。
[設定]ボタン

親機に設定を送信します。

記録データ送信設定

日時か間隔で指定した時間ごとに子機から記録データを自動で吸い上げ、おんどとり Web Storageに送信する場合に設定します。

記録データ自動送信
子機から記録データを吸い上げて自動送信する場合は有効にします。
日時による指定

記録データの自動吸い上げ/送信をする場合は有効にします。
時刻をタップすると曜日と時刻を設定できます。

  • 8パターンまで設定できます。
  • 複数の日時を設定する場合は1時間以上の間隔を空けてください。
間隔による指定

送信間隔を5通りの中から指定します。

  • 0:00を起点に指定した間隔で記録データを送信します。
  • 必要に応じて次回の送信日時(10分単位)を指定します。
自動送信する子機

親機に登録されている子機のリスト画面が開きます。記録データを吸い上げる対象子機を選択してください。

  • 吸い上げをOFF設定にしている子機も、ここで切り替えができます。
[設定]ボタン

親機に設定を送信します。

システム

親機動作ログの表示

親機の動作ログを取得して表示します。
画面右上にある共有アイコン()で送信・保存ができます。

  • おんどとり Web Storageの機器設定メニューから親機から受信した約2週間分のデータログを確認できます。(参照: 本ヘルプ内[おんどとり Web Storageを利用する]-[機器設定])
初期設定ウィザード

初期設定ウィザードに戻り、手順に従って設定できます。(Bluetooth設定)
(参照: [初期設定ウィザード])

設定予約の表示

設定予約状況と結果を確認できます。([Web Storage]タブから設定時)
また、反映待ちの設定をキャンセルできます。

機器情報

親機の登録コード(*)、本体ファームウェア、通信のバージョンを確認できます。
* [Web Storage]タブから開いた場合は登録コードの確認はできません。

無線ルート設定

親機、子機、中継機間の電波強度の確認、中継機を使用する場合の無線通信ルートの設定を行います。

 参考
  • 機器間の無線通信は、障害物のない見通しのよい直線距離で約150mです。中継機を追加することで障害物を迂回したり、通信距離を延ばすことができます。
  • 設置にあたっては本ヘルプ内[はじめにお読みください]-[無線通信機器の設置場所について]を参照してください。
  • 設置場所を決めるとき、機器を追加/削除したとき、通信エラーが頻発するときは、親機(中継機)-子機間の無線通信の電波強度をチェックし、すべての機器の通信が良好な状態にしてください。
周波数チャンネルの選択と自動ルート設定

タップして、電波強度を確認する周波数チャンネルの選択します。
また、自動ルートのON/OFFを切り替えることができます。
無線ルートを自動で設定
ON: 前回の通信結果の情報を元に最適な無線ルートで通信します。
OFF: 手動設定した固定ルートで無線通信します。(参照:[ルートツリーの手動設定])

  • この図の場合、[無線ルートを自動で設定]をONに設定して、Ch.2の無線ルートと電波強度を表示しています。
  • RTR-601RTR-500Cが含まれているグループは自動ルートをONに設定できません。

電波強度チェック

タップすると電波強度を確認する機器の選択画面を開きます。
画面下の[電波強度確認を開始]をタップし、通信が完了したら前画面に戻って結果を確認してください。

表示スタイル切り替え

ルートかリストで通信結果の表示スタイルを切り替えます。

  • 無線ルートが自動の場合に、前回の無線通信を実行した日時を表示します。
  • リスト表示にすると、親機(中継機)-子機間の電波強度結果を色と数値で表示します。

    緑(3-5): 通信良好
    黄(1-2): 通信不安定
    白(0): 通信エラー

電波強度アイコン

無線通信の電波強度を色と本数で表示します。
緑(2-3): 通信良好
黄(1): 通信が不安定
グレー: 通信エラー

電池アイコン

機器の電池残量を表示します。
十分な電池残量
電池残量半分以下
電池残量がわずか
交換が必要

ルートツリーの手動設定

  1. ルートツリー上で子機のアイコンをタップすると、[ルート選択]画面を開きます。

  2. ルートツリーの親を選択します。

    • 無線ルートに中継機を挟む場合は、該当する中継機を選択します。
    • 無線ルートから中継機を外す場合は、親機を選択します。
  3. [ < ]で前画面に戻り、画面下の[設定]をタップします。
    電波強度をチェックしてください。

ルート例1
ルート例2

機器の登録削除

子機/中継機の場合

親機の登録から子機・中継機を削除します。

 参考
  • 子機は記録を継続します。
  • 中継機を削除したら、[無線ルート設定]から電波強度の確認を行ってください。
  1. 設定メニューから[子機・中継機設定]画面を開きます。

  2. 画面右上にある[削除]をタップします。

  3. アイコン()-[削除]の順にタップして削除します。
    削除した後、または削除せずに前画面に戻るときは[完了]をタップします。

親機の場合(近くの機器)

 参考

アプリの登録から削除するには[近くの機器]タブで実行してください。親機の設定は変わらないので、おんどとりWeb Storageへの記録データ送信は継続します。

  1. 画面右上にある[削除]をタップします。

  2. アイコン()-[削除]の順にタップして削除します。
    削除した後、または削除せずに前画面に戻るときは[完了]をタップします。

ツール

機器の設定値参照、または初期化するにはトップ画面の[ツール]タブを開きます。  

設定一覧

最後にBluetooth通信したときの親機の設定を参照できます。

機器の設定値をみる

Bluetooth通信圏内にある子機・中継機の設定を参照できます。

機器の初期化

Bluetooth通信圏内にある親機・子機・中継機を初期化できます。

RTR-500シリーズの子機(RTR-501/502/503/505/507S)も初期化できます。画面下の[光通信で初期化]をタップし、Bluetooth通信圏内にある親機か中継機にのせて操作してください。

 注意
  • 子機・中継機は初期化する前に、親機の登録から削除してください。削除しないまま利用すると通信エラー・動作エラーの原因になります。
  • 初期化すると機器内の設定情報や、記録データを削除し元に戻すことはできません。
  • 高精度タイプの温湿度センサ(SHA-3151/SHB-3101)、熱電対モジュール(TCM-3010)、Ptモジュール(PTM-3010)を使用する機種では、測定値の補正式はセンサ・モジュール側に設定されており、本操作では初期化されません。入力された補正値をリセットするには専用ソフトウェア アジャストメントツールをパソコンにダウンロードして初期化操作を行ってください。
    T&D Webサイト > ソフトウェア > アジャストメントツール ダウンロード

おんどとり Web Storageのアカウント管理

トップ画面の[Web Storage]タブでアカウント管理します。

 注意

アカウントから機器を削除すると、おんどとり Web Storageから記録データが削除されますのでご注意ください。

はじめてご利用時
登録済みの親機リスト

はじめてご利用時

はじめてご利用になるときは[ログインする]をタップして、画面の指示に従っておんどとり Web Storageのアカウントを追加してください。

登録済みの親機リスト

表示アカウントに登録済みの親機リストです。

  • アカウントから機器を追加/削除するには画面右上にある[編集]をタップします。
  • 表示アカウントを切り替えるには[アカウント管理>]をタップします。
機器の追加/削除

[機器を追加する]をタップして、画面の指示に従って機器を追加してください。
機器を削除するにはアイコン()-[削除]の順にタップしてください。

  • 削除した後、または削除せずに前画面に戻るときは[完了]をタップします。

表示アカウントの切り替え

アプリで表示させたいアカウントにチェックして、[ < ]で前画面に戻ります。

  • 画面右上の[削除]-アイコン()-[削除]の順にタップしてアカウントを削除できます。
  • [+ アカウントを追加する]をタップし、ユーザIDとパスワードを入力するとアカウントを追加できます。

 参考
  • アカウントに親機を追加するには付属の登録コードラベルのQRコードから読み取ります。ラベルが手元にない場合は、[近くの機器]タブ-[設定メニュー]-[システム]-[機器情報]を開くと登録コードを確認できますので、お控えのうえ直接入力してください。
  • ログインパスワードを忘れた場合は、おんどとり Web StorageのWebサイトからパスワードを再発行してください。

アプリのバージョン情報とサポート

トップ画面のメニューアイコン()から、ご利用になっているアプリのバージョン情報を確認できます。 製品に関するサポートをご利用ください。

ヘルプ

本ヘルプを開きます。

サポート情報
サイトへのリンクです。新着情報があると赤丸(バッジ)がつきます。
お問い合わせ
サイトへのリンクです。
オンラインショップ
サイトへのリンクです。