おんどとり Web Storageを利用する

おんどとり Web Storageでできること

T&Dが提供する無料のクラウドサービスです。 おんどとり Web Storageは、データロガーを一括管理し、現在値や警報状態などをモニタリングするとともに、記録データをまとめて管理・ダウンロードすることができます。

おんどとり Web Storage

 参考

ここではRTR500Bシリーズの親機からおんどとり Web Storageを利用する方法について記載しています。

ユーザ登録とログイン

以下の手順でユーザID/パスワードを取得してください。 すでにユーザIDをお持ちの場合は不要です。

 注意

ユーザIDは再発行できませんので大切に保管してください。ユーザIDを忘れてログインできなくなるとおんどとり Web Storageに蓄積された記録データを利用できなくなります。

  1. パソコン、スマートフォン、タブレット端末のいずれかでWebブラウザを開き、おんどとり Web Storageにアクセスします。

  2. [新規ユーザ登録をする]ボタンをクリックし、ユーザ登録画面でメールアドレスとパスワードを指定します。

  3. 利用規約とプライバシーポリシーをよく読み、[同意する]にチェックを入れて[送信する]ボタンをクリックします。

  4. ユーザ登録画面で指定したメールアドレス宛てに仮登録のお知らせメールが届きますので、メール内のリンクをクリックし本登録を完了します。

  5. 登録完了のお知らせメール内に記載されたユーザIDを入力し、おんどとり Web Storageにログインします。

 参考

パスワードを忘れた場合は、ログイン画面の[パスワードをお忘れですか?]より、登録したユーザIDとメールアドレスを入力して再設定できます。

機器設定

RTR500BWの場合(機器登録)

 参考
  • RTR500BWで利用する場合は機器登録が必要です。RTR500BCで利用する場合は、データを受信次第自動で登録されるため機器登録は不要です。
  1. [機器設定]メニューの[+ 追加する]ボタンをクリックすると、[新しい機器の追加]画面を表示します。

  2. 製品付属の登録コードに記載されているシリアル番号と登録コードを入力し、[追加する]ボタンをクリックします。
    親機が複数台ある場合は同様に繰り返してください。
    (参照: 本ヘルプ内[RTR500Bシリーズよくある質問]-[機器/電源/センサに関するFAQ]-[Q. RTR500BWの登録コードはどこで確認できますか?])

RTR500BWを登録すると、紐づけられている子機も一括管理できるようになります。

RTR500BWの機器設定画面
[+ 追加する]ボタン

新しい機器を追加するときにクリックします。

ログ取得(親機)

クリックすると親機のログをCSV形式のファイルを出力します。
データを受信してから2週間分のログを確認できます。

[設定]ボタン(親機)

親機の設定値一覧と設定値を取得した日時を表示します。
警報メール設定ができます。
(参照: [アラート通知]-[警報設定とメールアドレスの追加])

[設定]ボタン(子機)

登録した親機に紐づけられている子機の設定値を参照できます。

画面右上にある[データリセット]ボタンをクリックすると、グラフデータと警報データを削除します。

  • 機器の記録ファイルや設定情報は残ります。
削除(ゴミ箱アイコン)

おんどとり Web Storageの登録から削除します。

  • 親機に紐づけられている子機のデータも削除します。

RTR500BCの場合

RTR500BCからおんどとり Web Storageにデータを受信すると、子機ごとに自動的に登録します。

RTR500BCの機器設定

[設定]ボタンをクリックすると設定画面を開きます。

データリセット

画面右上にある[データリセット]ボタンをクリックすると、グラフデータと警報データを削除します。

  • 機器の記録ファイルや設定情報は残ります。
アラート設定

おんどとり Web Storage 上で監視するための上限値/下限値を設定できます。

  • 子機の設定値を変更する機能ではありません。

データ閲覧

親機から取得した現在値データは、[データ閲覧]メニューで確認できます。
ピックアップ表示で、任意の端末を登録しグループ化を行うと設置場所や用途別などのシーンに合った管理もできます。

RTR500Bシリーズのデータ一覧
親機名
スマホアプリ/Windowsソフトで設定した親機名称です。
グループ名

RTR500BWをご利用の場合、スマホアプリ/Windowsソフトで設定した表示グループ単位でリスト表示します。
(参照: 本ヘルプ内[スマホアプリ T&D 500B Utility]-[子機・中継機設定]または[RTR500BW for Windows]-[表示グループ設定])

機器名

スマホアプリ/Windowsソフトで設定した子機名称です。

電池/通信アイコン(機器の状態)

子機の電池残量と無線通信の状況をアイコンで表示します。

  • 電池アイコンが赤い状態()、通信アイコンに赤い[ X ]がついた状態()になると警報としてメールを送信できます。
    (参照: [アラート通知]-[警報設定とメールアドレスの追加])
測定値と更新日

更新日のデータ、エラーメッセージを表示します。

詳細

詳細アイコンをクリックすると、直近15000件分のデータをグラフ表示します。

  • 左にあるボックスに2つ以上チェックを入れてから詳細アイコンをクリックすると、複数子機のデータを1つのグラフで比較できます。
[日付設定]ボタン

クリックすると日付の表示形式、夏時間補正の設定画面を開きます。

  • 時刻を夏時間で表示する場合は、機器本体の夏時間の設定もONにする必要があります。スマホアプリ/Windowsソフトから設定を行ってください。
 参考

[ダッシュボード]メニューでもモニタリングが可能です。[ウォッチリスト]によく見る機器を登録してください。

グラフ操作と現在値のダウンロード

  • グラフ上にカーソルを置くと、データの詳細日時と値を示します。
  • グラフ上でドラッグするとドラッグした範囲のデータを拡大表示し、スクロールバーで期間を移動表示します。
  • Zoom横のボタンを使うと指定した期間で拡大表示し、スクロールバーで期間を移動表示します。
  • 画面右上のメニューから、グラフの印刷・各種ファイル形式で現在値データをダウンロードできます。
Zoom とスクロールバー
メニューからダウンロード

RTR500BWから送信される現在値データには、直近の記録データを含みます。詳しくは動作資料にて説明しています。
(参照: 本ヘルプ内[RTR500BW for Windows]-[動作資料]-[現在値送信の仕様])

グラフのリセット

子機ごとにグラフをリセットできます。

  1. [機器設定]メニューから、対象子機の[設定]ボタンをクリックします。

  2. 開いた画面の右上にある[データリセット]ボタンをクリックします。

 参考
  • おんどとり Web Storageに保存できるデータ量は記録間隔により変動します。サービスや利用規約などの詳細はサービス提供内容 をご覧ください。
  • おんどとり Web Storageに送信された現在値データは公開WebAPIで取得し、独自システムで利用可能です。詳細はおんどとり Web Storage API をご覧ください。

アラート通知

警報状態にある機器と発生状況、ログ情報を[アラート通知]メニューで表示します。
RTR500BWの場合は、ユーザ登録時に入力したメールアドレスに警報メールを送信します。

警報設定とメールアドレスの追加(RTR500BW)

RTR500BWから警報情報を受信した際、警報の種別によって警報メールを送信するかしないか設定できます。

[機器設定]メニューからRTR500BWの[設定]ボタンをクリックすると、機器設定一覧の下に[警報メール送信設定]欄があります。

警報メールアドレスはアカウント登録しているメールアドレスのほか、3件まで追加できます。

  1. [アカウント管理]メニューから[アラート受信アドレス設定]メニューを開きます。

  2. 追加するメールアドレスを入力し、[メールアドレスを追加する]ボタンをクリックします。

  3. 登録済みのメールアドレス一覧で変更・削除ができます。

警報メールの確認

おんどとり Web Storageは以下のような警報メールを送信します。

送信元・宛先・件名・受信日時

おんどとり Web Storageから送信される警報メールは、送信元が webstorage.jp ドメインのメールアドレスとなります。
警報メールを受信するメールソフト(必要な場合はメールサーバ)にて、上記ドメインからのメールが受信できるように設定してください。
件名には「親機の名称(親機の型番)」が含まれます。

送信日時・子機情報

おんどとり Web Storageがメールを送信した日時と、子機情報(グループ名・子機名)です。

警報内容

警報の種類によって、以下のようなメッセージになります。

上下限値エラー

電池残量

センサエラー

警報監視時間内で警報/復帰の両方が発生

警報状態から正常復帰

無線通信エラー

無線通信エラーから正常復帰

 参考

検知時刻とは、警報判定が始まった時刻を指します。

アラートログ

[アラートログ]タブに切り替えて子機ごとに詳細を確認できます。

ダウンロード

[ダウンロード]メニューから、必要に応じてパソコンにデータのダウンロード・削除ができます。

 参考
  • ファイル単位または機器単位で選択し、一括してダウンロード・削除ができます。
  • 保存容量を超えると古いデータから順に5MB分が保管領域から削除されます。この時削除された記録データはZIP形式でアーカイブ保存され、ZIPファイルをダウンロードするための情報を登録されたEメールアドレスへ送信します。このZIPファイルは、次のアーカイブによる新しいZIPファイルが作成されるまでダウンロードが可能です。
  • 現在値データは[データ閲覧]メニューからダウンロードします。(参照: [データ閲覧]-[グラフ操作と現在値のダウンロード])

データ解析

おんどとり Web Storageの簡易グラフでデータを確認し、解析が必要な場合はパソコン用のグラフツールT&D Graphをインストールしてご利用ください。
T&D Graphからおんどとり Web Storageにアクセスしてデータをダウンロードできます。

T&D Webサイト > ソフトウェア > T&D Graphダウンロード

  1. T&D Graphを起動し、[ファイル]メニューから[おんどとり Web Storage]を選択します。

  2. おんどとり Web Storageに登録したユーザIDとパスワードを入力して[Login]をクリックします。

  3. おんどとり Web Storage上にあるデータが一覧表示されます。データを選択し、右クリックメニューから[ダウンロード]をクリックします。

 参考
  • 一度ログインするとユーザID欄に表示されます。ユーザIDを選択してダブルクリックするとパスワード入力は省略できます。
  • 操作方法など詳細はT&D Graphのヘルプをご覧ください。