T&D Data Serverを利用する

T&D Data Serverでできること

T&D Data Serverはパソコンをサーバとして記録データを保存するほか、Webブラウザでのモニタリング、グラフ表示、警報監視をするためのWindowsソフトウェアです。クラウドサービスのかわりにご活用いただけます。

 参考
  • 親機に紐づけられた子機をグループ単位でモニタリングできます。
  • 警報発生時はモニタリング画面上でアラート表示するほか、警報メールを転送します。メールアドレスの設定はT&D Data Serverで8件まで登録できます。
  • T&D Data Serverに自動送信された記録データはT&D Graphで解析できます。
対応機種
親機 RTR500BW*
子機 RTR500Bシリーズデータロガー
RTR501B/502B/503B/505B/507B(Lタイプ含む)
RTR-500シリーズデータロガー
RTR-574/576(Sタイプ含む)
(生産終了機種: RTR-501/502/503/507S/505-Pt/505-TC/505-mA/505-V/505-P(Lタイプ含む))
*ファームウェア Ver1.00.14以前の機器には対応しておりません。ファームウェアのアップデートをしてからご利用ください。

準備

以下の条件を満たすパソコンをご準備のうえ、T&D Data Serverをインストールしてください。

T&D Webサイト > ソフトウェア > T&D Data Server ダウンロード

条件

  • 動作環境を満たしていること
  • LAN環境に接続できていること(有線LAN推奨)
  • T&D Data Serverを常時起動していること
    (Windows Updateの自動更新が有効になっていると、再起動後、ログイン操作をしないと自動的にT&D Data Serverは起動しません。Windows Updateの自動更新を無効にするか、Windows起動時、自動的にログインするように設定する必要があります。)
  • 警報メール機能を利用し、メール送信にプロバイダ等のメールサーバを利用する場合、インターネット接続環境があること

詳細はT&D Data Serverヘルプをご参照ください。