TR-7wf/nw for Windows

対象機種・動作環境をご確認ください。ソフトウェアによっては制限や注意事項などがあります。
ご利用の前によくお読みください。

ソフト紹介 本ソフトウェアは、TR-7wf/nwシリーズデータロガーの記録条件の設定、記録の開始/停止、自動送信の設定、記録データの吸い上げなどを行うソフトウェアです。対象機種・動作環境をよくご確認の上、ご使用ください。
対象機種 TR-7wf/nwシリーズ
バージョン 2.22 (2017年8月10日)
ファイル名 app_tr7wfnwwin-222-jpn-.exe
ファイル容量 12.7 MB
動作環境 対応OS: *1
Microsoft Windows 10 32/64bit 日本語版
Microsoft Windows 8 32/64bit 日本語版
Microsoft Windows 7 32/64bit 日本語版
Microsoft Windows Vista 32bit (SP1以降) 日本語版
その他:
特記事項なし
著作権者 株式会社ティアンドデイ
転載条件 他のメディアへの一切の転載を禁じます。
*1: インストール時、Administrator (パソコンの管理者) の権限が必要になります。
Ver. 2.22 (2017年08月10日)
  • 本体動作ログを表示する画面で動作内容に使われている表記を「Web Storage」から「サーバ」に変更しました。
  • その他細かい修正を行いました。
Ver. 2.21 (2017年07月03日)
  • 機器リストでTR-75wf/nwを選択した時のみ、記録スタートタブにセンサタイプを表示するよう変更しました。
  • 警報設定の下限値に小数点以下が設定できるよう修正しました。
  • TR-72wf/nwにセンサが接続されていない状態で現在値モニタを起動しても、グラフを表示するよう修正しました。
Ver. 2.20 (2017年06月09日)
  • TR-75wf、TR-75nwに対応しました。
Ver. 2.11 (2017年03月27日)
  • 本体を工場出荷時の状態に戻す機能を追加しました。
  • 機器プロパティから自動送信先を確認できるようになりました。
Ver. 2.10 (2015年10月15日)
  • Microsoft Windows 10 32/64bit版に対応しました。
Ver. 2.00 (2015年03月19日)
  • 新機種TR-71nw/TR-72nwへの対応に伴い、ソフトウェア名を変更しました。
  • プロキシサーバ設定が可能になりました。
Ver. 1.03 (2014年04月11日)
  • 無線LANの設定で、セキュリティーモードが「WEP」のとき、16進数でWEPキーを設定できない不具合を修正しました。
Ver. 1.02 (2013年10月31日)
  • セキュリティモード"WPA/WPA2-AES"で64文字のPre Shared Keyを設定した場合に、ソフトウェアが異常終了する不具合を修正しました。
Ver. 1.01 (2013年10月08日)
  • 複数台の機器に連続して自動送信設定を行った場合に、無線LANのセキュリティキーが正常に送信されない不具合を修正しました。
Ver. 1.00 (2013年09月30日)
  • 初期リリース