RTR-500C for Windows

対象機種・動作環境をご確認ください。ソフトウェアによっては制限や注意事項などがあります。
ご利用の前によくお読みください。

ソフト紹介 RTR-500Cの設定/データの閲覧などを行うソフトウェアです。
対象機種 RTR-500C
バージョン 1.56 (2018年4月10日)
ファイル名 app_rtr500cwin-156-jpn.exe
ファイル容量 54.2 MB
動作環境 対応OS: *1
Microsoft Windows 10 32/64bit 日本語版
Microsoft Windows 8 32/64bit 日本語版
Microsoft Windows 7 32/64bit 日本語版
その他:
.NET Framework 3.5 SP1必須
著作権者 株式会社ティアンドデイ
マニュアル RTR-500C 操作ガイド (2018年3月22日)
RTR-500C 設定ユーティリティ ヘルプ (2018年3月22日)
RTR-500C for Windows ヘルプ (2017年7月24日)
転載条件 他のメディアへの一切の転載を禁じます。
*1: インストール時、Administrator (パソコンの管理者) の権限が必要になります。
ご利用中のRTR-500Cファームウェアのバージョンが古い場合は、最新版へアップデートしてご使用ください。
Ver. 1.56 (2018年04月10日)
  • 初回インストール直後の[警報/モニタリング設定]で、「警報監視をOFF」かつ「モニタリングをON」に設定できるよう修正しました。
Ver. 1.55 (2017年03月20日)
  • 記録データの自動送信に失敗した場合、次回送信時に失敗したデータを再送しない不具合を修正しました。
  • 警報監視設定画面でメールを送信しない設定が選択できるようになりました。
  • 警報送信条件を選択できるようになりました。
Ver. 1.54 (2017年09月15日)
  • 自動吸い上げ対象の子機に対して記録開始すると、次回自動吸い上げ時に全データが吸い上げされない場合がある不具合を修正しました。
Ver. 1.53 (2014年10月27日)
  • RTR-576のオートキャリブレーション機能の表示を変更しました。
  • 現在値モニタが表示されない場合がある問題を修正しました。
Ver. 1.52 (2013年04月23日)
  • アプリケーションの起動方法が変更になりました。
Ver. 1.51 (2012年12月14日)
  • Microsoft Windows 8 32/64bit版に対応しました。
Ver. 1.50 (2012年09月27日)
  • RTR-576に対応しました。
Ver. 1.40 (2012年07月19日)
  • RTR-507に対応しました。
  • 警報発生時に警報音を鳴らすことが出来るようになりました。
  • 現在値モニタ/警報監視周期に「1分」が選択できるようになりました。