使用事例

黄檗山萬福寺様

黄檗山萬福寺様

第二文華殿にてワイヤレス温度・湿度・照度管理システムを導入! 重要文化財の管理に。

京都府宇治市にある黄檗宗(おうばくしゅう)の大本山萬福寺様は、重要文化財である美術工芸品の管理を目的として温度・湿度および紫外線・照度の管理システムを導入されました。今回の導入は、既存棟にネットワークタイプのTR-72W(温度・湿度)を導入するとともに、ワイヤレスデータロガーRTR-500シリーズを導入されました。

導入の背景

萬福寺は境内に什宝物を収蔵展示する建物「文華殿」がありますが、建物の老朽化と収蔵量の飽和解消の為に増改築工事を進めていらっしゃいます(2012年5月時点)。第一期工事として展示棟を増築し、第二文華殿は鉄筋コンクリート造・地上2階・地下1階で2012年3月に竣工しました。

美術工芸品の展示スペースにおいて温度や湿度の管理をする場合、測定した値を管理用のパソコンに転送するためにネットワークが必要となりますが、既設のネットワーク設備が無い場合は、敷設工事に手間と時間、そして多大なコストが掛かってしまいます。

ティアンドデイの特定小電力無線を利用したワイヤレスシステムでは、データ収集機である親機がネットワークに接続できれば、測定をする子機の設置場所にはネットワーク工事が不要となることからワイヤレスシステム導入へと至りました。

RTR-500シリーズは、見通しの良い直線において約150メートルの通信が可能で、設置場所を選ばず柔軟な対応ができます。通信状況が良くない場所や距離を延長する場合には、ワイヤレスベースステーション(RTR-500C)を中継機として利用することで対応もできます。

RTR-500シリーズを導入

導入したRTR-500シリーズは、温度・湿度の変化を的確に捉えるセンサ外付けの子機(RTR-503)と、温度・湿度のほかに照度と紫外線の4項目を同時に測定・記録が可能な子機(RTR-574-H)、記録データを無線通信で収集する親機(RTR-500NW)で構成し配置しました。また、文化財や美術工芸品管理のため、温湿度センサには高精度センサ(Hタイプ)を選択しています。

親機(RTR-500NW)を既存のネットワークへ有線LAN接続することで、収集した記録データをパソコンなどで管理することができるようになります。親機-子機間は無線通信を使用するので、子機設置に関わる館内全体のネットワーク構築は不要です。

→ 導入機種(RTR-500シリーズ)の詳細はこちら

導入機種

RTR-500シリーズ
RTR-503/503L

RTR-503

RTR-500NW/AW

RTR-500NW

主な設置場所-第二文華殿-

1階空間の温度・湿度管理

構造体の鉄骨部分に子機(RTR-503)を取り付けています。目立たない所でも『おんどとり』が適時、温度や湿度を測定し環境保全に役立っています。RTR-503は、バッテリで動作しAC電源の確保が不要なので、取付け位置は柔軟に対応できます。また、必要に応じてAC電源から給電することも可能で、バッテリ交換のタイミングを気にすることなく運用することもできます。

case_02_8.jpg

2階空間の温度・湿度管理

欄干手摺部分にアタッチメントを利用してRTR-503を取付けました。オプションのアタッチメントを利用することで、バッテリ交換やセンサ交換時にも本体の取外しが容易に行えます。

case_02_2.jpg

南側展示ケース

ケース内にはRTR-574-Hを設置し、温度・湿度のほか紫外線・照度も管理しています。RTR-574-Hは、RTR-574に比べて高精度な温湿度センサが付属されています。温度センサは、白金測温抵抗体で-30~80℃まで測定できます。また、湿度センサは測定分解能0.1%RHで0~99%RHまで測定できます。重要文化財や貴重な美術工芸品の管理には、高精度なセンサを付帯したデータロガーが効果を発揮します

case_02_4.jpg

データ収集はネットワーク対応型の親機で対応

各所に設置したワイヤレスタイプのデータロガーから収集したデータは、管理用パソコンで一括管理するためにネットワーク接続タイプの親機で転送します。館内の子機とも通信状態は良く、ネットワークを介して別棟にあるネットワーク接続タイプのロガーと併せて遠隔管理が可能となります。

case_02_6.jpg

→ 使用事例一覧へ戻る