製品に関する重要なお知らせ

お知らせ

メールアドレス流出のお詫びとお願い

掲載日: 2006年5月16日

このたび弊社にて「ESEC2006 第9回組込みシステム開発技術展 出展のご案内」をお客様にメール送信した際、不手際により一部のお客様に他のお客様のメールアドレスが流出する事態を発生させてしまいました。

本件は弊社のプライバシーポリシーに反する行為であり、このような事態が発生いたしましたことに対し、深くお詫び申し上げるとともに、お客様には経過報告及び対策について下記ご報告いたします。
お客様の大切な情報を流出させ、ご迷惑をおかけいたしましたことを重ねて深くお詫び申し上げます。

経緯

2006年5月15日(月)10時00分
「ESEC2006 第9回組込みシステム開発技術展 出展のご案内」を、送信先グループごとのお客様のメールアドレスが表示されてしまう方法で12グループに別けて送信。(TO送信)
同日午前10時23分
送信先の一部のお客様からの指摘により、送信メール上に誤って他のお客様のメールアドレスが宛先(TO)に表示され閲覧可能な状態となっていることが判明。
同日午後13時15分
社内部調査で、12グループに別けて総計452件のメールが送信されたことが判明。 対象のお客様へのお詫びと御連絡の開始。

送信したメールに記載されているお客様の情報

現在の対応状況(2006年6月16日10時00分現在)

2006年5月15日17時20分
該当するお客様に対して、電子メールにてご報告とお詫び、また該当メールの削除をお願いいたしました。
同日18時00分
今回使用した顧客情報を全てを担当者端末内より削除いたしました。
2006年5月16日11時30分
本ウェブサイト上での告知、及び該当しているお客様に対する注意喚起の文章公開を行いました。
2006年6月16日10時00分
現在の所、お客様より本件の事故による直接的な被害は報告されておりません。

原因

再発防止策と対応

今後は、個人情報保護に関する社内規程遵守の再徹底を図り再発防止に努めてまいります。
また、本件に関しましては弊社ウェブサイト上に随時公開をし、現在の状況、対策状況を明確にお知らせいたします。

お客様へのお願いとご注意

【インターネットを利用した架空請求の対策】

現時点でメールアドレス流出に関係する「架空請求被害」は発生しておりませんが、万が一メールアドレスが悪用された場合に備え、「インターネット架空請求」への対応要領をご説明いたします。

(例)架空の利用金額を請求する例
有料アダルトサイトなどの提供会社から未納料金の取立てを委託されたと称する業者が、「期限までに指定口座に利用料を振り込まなければ、自宅や会社を訪問する。」といった内容のメールを送信してくる手口です。

もしも請求された場合

脅迫や悪質な取立てを受けた場合は、お近くの警察本部、警察署、までご相談下さい。

【スパムメールに対する対策】

スパムメールとは流出したメールアドレスを利用し、不当に不特定多数のメールアドレス宛に広告目的やフィッシング詐欺目的でメールを送信する行為です。
手口としてはありきたりの文章を件名に表示し、興味を引かせてメール本文を閲覧させ、アダルト系サイトへの誘導や、フィッシング詐欺サイトへの誘導を行うなどの文章が書かれています。

もしも見覚えの無いメールを受信した場合

お問合せ窓口

株式会社ティアンドデイ 営業部
電話番号:0263-40-0131
FAX番号:0263-40-3152
メールアドレス:customer_support@tandd.co.jp

オンラインカスタマーセンターご利用のお客様

本件の事故につきましてはオンラインカスタマーセンターにてご登録いただいたお客様とはシステム上で異なる顧客情報であり、ご登録いただいているお客様への影響はございません。
オンラインカスタマーセンターにご登録いただいているお客様情報は、社内規程及びシステム面から厳重なる管理を行っておりますのでご安心いただけますようお願い申し上げます。

今回お客様のメールアドレスが流出したことにより、お客様にご迷惑をおかけしましたこと、重ねて深く詫び申し上げますとともに、更なる管理体制の強化により再発防止に努めて参る所存です。

お問い合わせ

  • TEL 0263-40-0131
  • FAX 0263-40-3152

【窓口】 株式会社ティアンドデイ営業部 (お電話受付時間:月~金曜日(祝日除く)9:00-12:00/13:00-17:00